aniary(アニアリ)のこだわり

aniary (アニアリ) のバッグが人気!

aniary(アニアリ)のこだわり

aniaryが日本製で作られていることが分かったと思いますが、そのこだわりは細部に及びます。

まず、アニアリの製品は革からこだわりぬいて自社で開発されているものです。
革製品の見た目を大きく左右するのは革の種類だけではなく、その扱い方、なめし方にあります。
革製品の味わいというのは使い込むたびに風合いが出てくるものですが、日本製の手頃な価格帯の鞄では"大量生産"が重視されるため、扱い易いものを好んでしまうそうです。
結果として店頭に並ぶのは、製品の完成度にばらつきが少ない、顔料をベタベタに使ったものばかりになってしまうのです。
アニアリは、こうした"革本来の風合い"を損なわずに生産でき、日本の鞄職人が腕を振るうことができる革を自社で開発することに成功しました。
理想としたのは、しなやかで軽く、肌触りが良いレザーで、加えて普段から使っても耐久性が落ちないようなものです。

この"軽さ"は、実際に店で製品を手に取ってみると、無骨な革のどっしり感が無いことに気がつくと思います。
実際に店に並ぶものを見ると、他のブランドと革の感じが少し違うのです。
ヴィンテージ感がある革なのですが、薄い感じがして独特の風合いがあります。
軽くて持ち易く、一方で頼りないような印象は全くありません。
海外メーカーの革鞄と比べてみると、その繊細さがよくわかると思います。
日本製にこだわることで、細部に行き届いたデザインが実現できるのも、アニアリの良いところだと思います。

さて、細部のデザインと言えばアニアリの金具もオリジナルで生産されたものが使われています。
金具まで自社で作るというのは鞄業界でも珍しく、コストがかかってしまいますが、既成のパーツデザインにとらわれないというメリットがあります。
アニアリは、日本で作られているだけあって、使う人のことを考えた細かなデザインが魅力のブランドだと思いますが、金具にもそのこだわりが垣間見えます。
例えば、マグネット式のボタンはクレジットカードなどの磁気飛びを誘発するということで、磁気が無くても開け閉めし易い金具を開発するなど、必要に応じて金型から生産しています。

ただ革の鞄を持ちたいというだけでなく、使い易いものを長く使いたい、という人に取ってアニアリは非常にオススメのブランドです。